高校野球が好きでプラス

野球好きな筆者が高校野球中心に楽しく書いていきます

楽天VSオリックス 楽天生命パーク5月23日

金子投手に今季初勝利を、美馬投手も今季勝ち星無し。両投手とも、ここまで勝ち星無いような投手じゃないはずなのに。
1回表
宮崎選手のツーベースと相手エラーで先制点。
5回表
宮崎選手、今度はソロホームランで1点。
5回裏
西野選手の悪送球、内田選手にヒット、安達選手のエラーで1点。
7回表
大城選手のヒットの後、3塁まで進んで細川選手の後逸で1点。
この試合はエラーがらみの点が多い。
7回裏
内田選手のホームランで1点。
9回表
安達選手のヒット、ランナー進めた後福田選手のヒットで1点。松井投手のワイルドピッチで1点。
またまたミスで点数が入る。
楽天もオリックスもミスが多いとAグラスは難しい。

四死球や失策が点につながると言われますが、どれくらい点につながっているのか検証

チーム 得点 うち四死球からみ 割合
オリックス 5 0 0%
楽天 2 0 0%
合計 7 0 0%

チーム 四死球 うち得点になった 割合
オリックス 5 0 0%
楽天 2 0 0%
合計 7 0 0%


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
オリックス 1 0 0 0 1 0 1 0 2 5 9 2
楽天 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 4 1

勝利投手 金子(1勝4敗0S )
敗戦投手 美馬(0勝5敗0S )
セーブ 増井 (1勝0敗11S)
本塁打 宮崎1号(5回表ソロ) 内田4号(7回裏ソロ)


オリックス・バッファローズパーフェクトガイド 2018 ([テキスト])

新品価格
¥1,000から
(2018/5/10 18:27時点)